極品 兼毫水筆「江湖一品」

筆はこちらへ , 写巻、水筆などの兼毫筆はこちらへ


筆管の長さ:16.4cm
筆鋒の長さ:2.0cm
筆管の直径:0.7cm
文革前の水筆をモデルに、湖州で作られた兎毫を中心とした兼毫の水筆です。
筆鋒は兎毫を中心とし、根元に麻の繊維を混ぜ、その周囲を紫色に染めた羊毫で薄く覆っています。一見すると写巻のような格好をしていますが、水筆としてお使いいただけます。
筆鋒のほぼすべてが兎毫(花毫)で作られているため、寫卷と同じく切先の鋭い弾性と書き味が特徴です。また寫卷と違い、筆鋒を根元までおろした状態でもお使いいただけます。筆鋒全体が墨を含むので、息の長い筆致にもよく耐えます。
※お好みに応じて、紫色の毛から露出している部分のみ、あるいは筆鋒全体の1/2ないし2/3までおろしてお使いください。
定価 480円(内税)
販売価格 480円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報