新老坑饕餮紋硯

硯はこちらへ


新老坑饕餮紋硯(しんろうこうとうてつもんけん)

縦:132
最大横幅:83
厚さ:15

※天然の不定形をしておりますので、上記サイズは若干の異同を含みおきいただければと思います。 

現在の市場では見ることがまれな、良質な新老坑の端渓硯です。新老坑は、1970年代から80年代にかけて老坑近傍の坑洞で採石されました。戦後になって開坑された端渓の硯坑の中でも、老坑水巌に次いで良質な硯材という評価があります。天然石のため、その材質には高下がありますが、この新老坑硯は新老坑の中でも老坑水巌に迫る佳材といえるでしょう。
新老坑の特徴としては、密生して強靭な鋒鋩を持ち、和墨から唐墨まで、さまざまな種類の墨を容易に溌墨させることができることがあげられます。端溪硯特有の温潤さとともに、実用性を兼ね備えた硯材です。また多少新しい油煙墨でも膠によって粘ることなく、光沢豊かで滑らかな墨液を得る事が出来ます。さらに固く引き締まった古墨も艶やかに溌墨させてくれる力を持っています。
水巌と見まごうほどの温潤な材質であり、硯面には硯頭より数条の金線、氷紋が中央に走り、老坑の眷属であることを示しています。

天然の皮目を生かした硯板状の造形にまとめながら、古代の青銅器の現れる、饕餮文を硯頭にあしらい、硯縁に浅い縁取りを添えています。饕餮(とうてつ)は、古代中国の青銅器に用いられてきた、空想上の怪物です。後代、妖魔を食らうということから、魔除けの意味としても用いられてきました。
青銅器に用いられる饕餮を、硯に用いることで、硯に神器としての意味を与えます。青銅器は、鼎に代表されるように、中国の古代王朝で用いられた祭器です。鼎が地中や河中から出現することは、支配者の人徳や王朝の正当性を天が認めたとする、瑞兆であるとされました。その青銅器の愛好には、古(いにしえ)の聖天子の徳を慕う、という想いが込められます。
王朝時代の文人士大夫達は、青銅器を文房に飾り、儒教的な倫理観の象徴として、これを重んじてきたのです。
饕餮文の刻線は、古い端渓の作硯に見られる、やわらかな曲線で彫られています。繊細緻密ななかにも力強さが発揮され、青銅器に現れる古代の紋様の雰囲気を硯材の上にかもし出しています。端渓伝統の、すぐれた作硯技術の現われと言えるでしょう。
また、この浅い刻線は、使い込んで墨と馴染むことで深みを増し、明瞭かつ古雅な味わいを帯びて行くでしょう。


硯板のため、墨池を持ちませんが、墨堂がわずかに凹面につくられています。この形状によって、大きさ以上に広くゆったりとした外観を呈すると同時に、墨堂中央に墨液を湛えながら使うことができます。
この新老坑の佳材は、良い墨を使って長年使用することにより、年々風合いを増してゆくことでしょう。
定価 142,000円(内税)
販売価格 142,000円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報