新老坑蕉葉硯

硯はこちらへ


■寸法(不定形のため目安としてください) 縦辺:13.5cm 幅:〜9.5cm 厚さ:1.5cm ■石品・石色・石質:珍しい蕉葉白が現れ、蕉葉白の中に明瞭な青花、また取り囲むように微細な青花、墨堂、硯背には多くの金線が走っております。やはり老坑系の硯石に特有の、堅牢細密な鋒鋩を有しております。 ■作硯:墨堂に認めらられる蕉葉白を生かし、芭蕉の葉を模した蕉葉硯に仕上げています。端溪硯の産地である広東省肇慶は、芭蕉が至る所に群生しています。芭蕉は実を食用にすると同時に、葉がさまざなな用途に用いられましたが、品物の包装がその一つです。王朝時代、端溪硯が採石されると、芭蕉の葉にくるんで保護されたと言います。 また「芭蕉雨聲」というように、雨の多い広東で芭蕉を雨が打つ音は、左遷された士大夫のわび住いを表します。同時に、蕉葉(しょうよう)をかたどった作硯は、硯石が雨を含んで潤う様子を暗示し、硯石の優れた性質を表現しています。 端溪新老坑硯について ■硯材:現在の市場では見ることがまれな、良質な新老坑の端渓硯です。新老坑は、老坑水巌坑洞に近い場所で、1970年代から80年代にかけて採石されました。戦後になって新たに開鑿された端渓の硯坑の中でも、老坑水巌に次いで良質な硯材という評価があります。現在は坑洞が閉鎖され、採石が中断された影響で、良い材質の硯は市場で年々少なくなってきています。 ■性質:新老坑硯の鋒鋩は、老坑水巌に迫る性能を持ち、その性質は非常に稠密かつ堅牢です。磨墨における性質は老坑水巌に次ぎ、坑仔巌や麻子坑の旧坑良材に並ぶ極めて優秀なものです。 密生して強靭な鋒鋩を持ち、和墨から唐墨まで、さまざまな種類の墨を容易に溌墨させることができます。多少新しい油煙墨でも、膠によって粘ることなく、光沢豊かで滑らかな墨液を得る事が出来るでしょう。 ■使用:良質な墨を磨って用い、仮名や水墨画の小品、写経、絵手紙が尺牘などの小字、さらには王羲之〜唐楷の原寸臨書を書かれる際には丁度良い大きさです。良い墨を使って長年使用することにより、よりいっそう風合いを増してゆくでしょう。
販売価格 78,000円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報