倣薛濤箋 桐箱5枚入り

紙はこちらへ , 熟箋(加工紙)


136x66cm
5枚 桐箱入り

唐代の女性詩人の薛濤は、成都近くの浣花渓で紙を作りました。赤い芙蓉から作った染料で紙を染め、雲母をちりばめた紙であったといわれます。また薛濤箋は便箋の大きさに切って、詩文の応酬に使われたといわれます。
この「倣薛濤箋」はこれに倣い、朱砂で赤く染めた紙に、蛤蜊粉を何層にも散り敷いて、しっとりとした透明感のある艶を出しています。
完全な加工紙ですので、墨は紙にじまず、墨色に独特な光沢が現れます。またにじまないため筆致が忠実に残り、端正な筆跡をそのままにとどめます。
仮名の料紙、詩箋、尺牘、小楷などに好適の紙です。全紙大の大きさですので、お好きなサイズにカットしてお使いください。
定価 24,000円(内税)
販売価格 24,000円(内税)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報