特製蛤蜊箋 10枚桐箱入り

紙はこちらへ , 熟箋(加工紙)


136x66cm
桐箱入り

蛤蜊箋は、細かく砕いた貝殻を、上質の宣紙の上に散り敷いた加工紙です。紙は淡いシャンパン・ゴールドを思わせる華やかな色合いを呈します。非常に細かくすりつぶした二枚貝の粉を、膠を溶かした溶液に混ぜ、繰り返し紙に塗布しています。貝殻の細粉は8〜9回にわたり、紙に均一に塗布しなくてはならず、高い技術と多くの工程が必要です。古代では、貝殻の細粉のほか、砕いた雲母も用いられました。
蛤蜊粉を何層にも薄く散り漉くことで、滲みは完全に抑えられています。微細な貝殻の粉は筆をとられることがまったくなく、細かい筆致も奇麗に現われます。また滲まないながらも墨の定着の良い紙に仕上がっております。滑らかな紙面は墨の光沢を背後から支え、より艶やかな墨色を発揮いたします。艶をおさえた松烟よりも、つややかな油烟墨が合うかと思われます。古代の人々が愛した華麗な色彩を、是非お楽しみください。
※濃墨を用いる場合は、生箋に用いるよりも濃い目に磨っていただくと、良い効果が現れます。濃墨が得にくい夏場などは、磨った墨をしばらく(20〜30分)置いて水分を揮発させ、墨の濃度を高めてからご使用いただくとよろしい場合があります。
定価 20,000円(内税)
販売価格 20,000円(内税)

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報