極品 純紫毫珠圓玉潤

筆はこちらへ , 写巻、水筆などの兼毫筆はこちらへ


筆鋒の長さ:2.35cm
筆管の長さ:15.5cm
筆管の太さ:0.70cm
※手作り製品のため、若干の異動は含みおきください

かつて中国の製筆の祖とされる秦の将軍蒙恬は、宣州(現在の安徽省宣城市)でとれる山兎の毛を使用し、優れた筆を改良したという伝説があります。製筆材料として歴史が古く、硬毫の中でももっとも弾力性に富、キレ味のいい鋭い筆致を生みだすところに特徴があります。
山兎毫はさまざまな色合いの毛が混在する中から選別が行われ、その色によって白毫、黄尖、花毫などに大別されます。なかでも毛の全体が黒紫色を呈した”純紫”は数が少なく、もっとも希少とされます。
「珠圓玉潤」は、”純紫”のみを使用した、特製の双料寫卷筆です。純紫は深い黒色にわずかに紫色を呈しており、透明感があり艶やかなものが上品とされます。「珠圓玉潤」はその純紫のみを厳選して芯に使用し、周りを羊毫で巻いております。
とりわけ高貴とされた純紫ですが、近年は染めた羊毫を用いた類似品、あるいはナイロン製品も多く出回っています。この筆には正真正銘、山兎の”純紫”を使用しています。
日々の写経はもちろん、宛名書きなどの実用書、小楷、行草細字、尺牘、あるいは仮名、さらには工筆画などへの応用にも優れた性能を発揮するでしょう。


※ご使用に際しては、芯の兎毫の部分のみをさばいてご利用ください。
定価 1,180円(内税)
販売価格 1,180円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報