高級油煙墨「朱子家訓」(しゅしかくん)

墨はこちらへ , 油烟墨はこちらへ


重さ:64g(墨本体)
※重量は、乾湿によっておよそ10%前後の変動があります。
清朝当時の曹素功墨の製法を研究再現する過程で得られた技術を傾注し、伝統的な製法に則った油煙書画墨です。古代の製法に従って桐油煙と漆煙のみを使用し、いわゆるカーボンブラックといわれる鉱物性油煙や工業性油煙を一切使用していません。
またここ数十年の中国製の油煙墨にはみられない、本来の唐墨特有の膠の軽さと質量を再現しています。新しい墨でありながら、膠が軽く(粘らず)濃墨に光沢があるのが特徴です。もちろん、寝かせることによって墨質はより一層固く引き締まり、得られる墨液は艶良く深みの有る黒色を呈するようになります。また、定着剤を使用しなくても、表具によって生彩が損なわれることがありません。書き終わったあとの墨色は、時間の経過とともに深みを増してゆくことでしょう。
濃墨の艶は、曹素功特有の”紫光”を呈し、淡墨での使用はこれもわずかに青みを感じさせる、さわやかなグレーです。上等な油煙と良質の膠の配合により、油煙墨特有の色調の幅が広く、メリハリの利いた変化に富んでいます。
伝統的な唐墨材料を精選吟味して作られているため、使われている高品位の膠は筆を痛めることなく、また純粋な天然油煙は、大切な硯を汚すことがありません。
「朱子家訓」は、徽墨のふるさと、徽州出身の思想家朱子こと「朱熹」が残した、家訓です。その人間と社会への深い洞察は、現代社会の我々にも学べるところがあります。また朱熹は製墨を行ったことでも知られています。
墨型は清朝後期に作られた曹素功の墨型を使用しており、墨の背面には「朱子家訓」全文が、緻密にして端整な楷書体で刻まれています。
長くお手元で使用していただくことを考え、墨銘「朱子家訓」は純度の高い泥金で埋めており、時間の経過によってその風采が損なわれることはありません。
書や画の作品制作を行う専門家の方から、高いレヴェルを求められる愛好家の方まで、幅広くお使いいただける油煙墨です。是非一度、お試しください。
この墨は2008年秋に製造されました。
定価 10,500円(内税)
販売価格 10,500円(内税)
購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

ご注文は土日祝でも(深夜でも)受け付けております。 ただ、受注確認や発送が休日明け(翌朝)になることがあります。 また、ご入金を確認できるのは金融機関の営業時間内になります。
(銀行振り込みの場合、午前9時から午後6時まで)    

管理人の徒然

断箋残墨記

買物袋

買い物袋の中身を確認

お探しの商品のお名前は?

商品の一覧へ

メールマガジン

お読みください

     

リンク

墨の産地徽州の最新情報